薄毛や抜け毛を防ぐポイントは頭皮の湿度管理にあります

頭皮の湿度管理について考えたことがありますか。手足の肌と同様に保湿が必要である反面、過度な湿気はよくありません。最近は若い人の間でニット帽が流行っていますが、使い方が大切です。髪の毛が濡れていたら危険信号ですよ。

蒸れた状態は好ましくありません

暑い日に帽子をかぶるとハゲやすい。この話は俗説とも言われます。とはいえプロ野球選手には薄毛の人が多いかもしれません。やはり頭皮にとって蒸れた状態は好ましくないのでしょう。つまり第一には雑菌が繁殖しやすくなるからです。

もちろん正しい方法によって毎日洗髪していれば問題ないのでしょう。しかし帽子も洗っていますか。帽子に雑菌が残ってしまいます。せっかくきれいにした頭に、菌を継ぎ足してしまいます。考えてみれば危険なことです。止めた方が賢明です。

とはいえ保湿に努めましょう

矛盾する話かもしれませんが、頭皮も肌です。保湿に努めましょう。言い換えると適度な皮脂が不可欠です。抜け毛が多くなる原因に、皮膚が乾燥しすぎている場合があります。すると皮脂が剥がれてしまい傷つきやすくなります。

頭皮を含めて人間の肌には皮脂があります。これはお肌を守っています。冬は肌がカサカサになりますね。これは乾燥して皮脂が失われたからです。同じことが頭皮でも起きています。蒸らしてはいけませんが、適度な油分による保湿は必要です。

直射日光は避けるべきなのか

薄毛の人は、夏の直射日光が気になります。頭皮を傷つけていないのでしょうか。もちろん肌の日焼けと同じく紫外線は大敵です。男性でも日傘をする時代なのかもしれません。営業などで外回りが多い人は、何らかの対策を考えるべきでしょう。

直射日光は、肌を直接傷めるのみならず結果的に乾燥肌を助長します。一方で汗が出ますが、それが雑菌類にとって快適な環境を生み出すことにもなります。汗はこまめに拭き取りましょう。そういう意味ではカンカン帽や麦わら帽子は理にかなっていそうです。

湿度管理を考えましょう

頭皮は湿気が多すぎても少なすぎてもいけません。湿度管理を考えましょう。特に皮脂の状態をチェックすべきです。一方で汚れた帽子をかぶらない、汗を拭くタオルやハンカチもこまめに洗濯しましょう。雑菌の継ぎ足しは愚かなことです。