地肌に合ったシャンプーを使わないと抜け毛は止まりません

毎日頭を洗う習慣ができたのは、いつからでしょうか。意外と最近です。朝シャンが流行ったころでしょう。昭和の時代は毎日お風呂に入る人の方が珍しかったくらいです。平安貴族は年に一回しか頭を洗わなかったとか。ならばシャンプーの使い過ぎは危険ですね。

シャンプーを決める基準は何でしょうか

シャンプーをどのような基準で決めていますか。テレビCMもインパクトがあります。とはいえ自分の肌質に合ったタイプを選ぶことが大切です。例えば乾燥肌用や脂性肌用かです。自分のタイプを知るには、フケをチェックしてみましょう。カラカラかベタベタかです。

最近はコンディショナーがセットになっていたり栄養成分が含まれている製品なども売られています。しかしまずはシンプルなタイプを使ってみましょう。それから自分には何が足りないのか、徐々に継ぎ足していくことが結果的に抜け毛予防となります。

薄めて使ってみる

シャンプーが多機能になる一方で、人間のお肌は弱くなっているようです。これはアレルギーなどに象徴されています。あらゆるものが除菌品になりました。そのため人間の免疫力や抵抗力、自己修復力が衰えてしまったようです。

そこへ強力なシャンプーを使うと、お肌が対応できなくなります。したがって刺激が強すぎると感じた場合には薄めてみましょう。またはお湯で十分に髪の毛を予洗した後で少量のシャンプーを使います。よほどの長髪ではない限り洗浄力は変わりません。

使わない方法もある

整髪料でガチガチに固めている人以外であれば、シャンプーを使わない方法もあります。特に乾燥肌タイプの人にはおすすめです。初めは違和感があるでしょうが、慣れてくれば、その方が馴染んでくる人は多いです。

昨今指摘される点として、抜け毛や薄毛の原因は頭を洗いすぎたことだった。これはニキビと同じ原理であり、洗いすぎると皮膚が乾燥したり抵抗力が衰えてしまいます。逆にもっと肌を鍛えないと、根本的な解決には至らないものです。

肌に合ったシャンプーを選びましょう

シャンプーは地肌に合ったタイプを選びましょう。自分でわからない場合は、薬剤師さんと相談してみるべきです。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。髪は長い友達です。